妊活中に摂るべき栄養・食べ物まとめ

男性必見!妊活は男性の協力なくして「授かり」なし!?

妊活のためには男性の協力が不可欠です。女性としては当たり前のように感じますが、男性は悪気なく「応援してるよ、頑張れ」と他人事な人が少なくないのが現実です。ここでは妊活に男性の協力が必要な理由を説明します。ぜひ夫に読ませてください!

不妊の原因の約半分は男性にある

不妊の原因の約半分は男性にある

WHO(世界保健機関)によると、不妊の原因*は女性のみで41%、男性のみで24%、男女で24%、原因不明で11%となっています。(右図参照)*加齢を考慮しない

つまり、不妊の原因で男性が関係しているのは「男性のみ・男女」をあわせて48%もあるんです。男性にとって他人事でないことがわかると思います。

そのため男性は、「自分には関係ない」ではなく当事者意識を持って妊活に取り組む姿勢が必要です。

男性不妊で考えられる原因

男性に不妊の原因がある場合、大きく「精子の質の低下」と「セックスの回数・タイミング」に問題があると考えられます。それぞれについて説明します。

精子の質の低下

射精された精子は、酸性度の高い膣内を通る間に99%が死滅します。数千万~数億個の精子が卵子にたどり着くころには数十個程度まで減っていると言われています。そんな厳しい環境を生き抜くには、精子の質が重要になります。

精子の質を低下させる要因としては、喫煙や睾丸への熱、間違った禁欲などが挙げられます。

精子の質の低下

タバコにはニコチンだけでなく、4000種類以上の化学物質が含まれています。それにより精子の数・濃度・運動率・正常形態精子率・精液量を低下させる、という報告も上がっています。 また睾丸は熱に弱いため、長風呂やサウナだけでなく、ノートパソコンを膝において仕事をする習慣もよくありません。精子にとっては体温(37℃程度)でも高温だから睾丸を冷やすために外に出ているので、熱しすぎないように心がける必要があります。

さらによくあるのが、「禁欲した分だけ精子の量が増えたり濃くなったりする」という認識。ある研究では、禁欲期間が11日を超すと精子の運動率や正常形態精子が低下した、という報告もあります。 精子は3日程度で貯蔵上限に達し、そこからは古い精子は吸収されていきます。「腐ったみかんの方程式」ではないですが、古くなった精子を放置すると、そこから産生される活性酸素が精子を作る細胞にダメージを与えるため、精子の質が低下してしまいます。

精子の質の低下

どうしてもセックスができない場合でも、週に2~3回は射精するよう心がけましょう

セックスの回数・タイミング

妊活のためには、なによりもセックスの回数が重要です。週に2~3回セックスをしている夫婦が1年で妊娠する確率は80%以上と言われているほど。

とくに排卵日前後は隔日ペース(できれば毎日)でできるとさらに確率が高まります。どんなに基礎体温を測っても排卵日を正確に把握することはできないため、排卵予測日の前後2~3日はセックスをしたいものです。

セックスの回数・タイミング

仕事が忙しかったりマンネリなど、回数が減る原因はいろいろあるでしょう。ただ、子どもが欲しいなら今が頑張りどきです。後回しにするとそれだけ妊娠確率が減るだけでなく、高齢出産では奥さんの身体的負担も増えてしまいます。

妊活は女性だけの問題ではありません。男性の協力なくして授かることは難しいでしょう。タイムリミットがあることを意識して、できることから始めていくことが重要です。