妊活中に摂るべき栄養・食べ物まとめ

妊活における「タイミング法」、正しく理解できてますか?

妊活中の方なら、タイミング法に取り組んでいる方は多いでしょう。でも、本当に正しく理解できていますか?ここでは勘違いしやすいタイミング法についてと、タイミングを把握するためのコツを説明します。

タイミング法とは?

タイミング法とは、妊娠しやすいタイミングを狙ってセックスをする方法を指します。妊娠しやすいタイミングは排卵日前になります。そのために毎日基礎体温を測って排卵日を予測し。 このタイミング法で多い勘違いとして、「排卵日当日」を狙ってしまうことが挙げられます。しかし、正しいタイミングは排卵日の前日・前々日になります。

タイミング法とは?

とはいえ基礎体温で確実に排卵日がわかるわけではありません。あくまで予測なので、ピンポイントではなく予想排卵日の前後5日程度に隔日(できれば毎日)でセックスすることで妊娠率を高めることができます。

check!!

排卵のタイミングをとるのに基礎体温だけでは心細い・・・という方は、「体が発するサイン」も見逃さないようにしましょう。具体的には、透明な粘り気のあるおりものが出始めたら排卵日が近いサインです。量が減ったり、白濁し始めたら排卵が終わっているので、その前にセックスをするようにしましょう。

(*個人差はあります)

タイミング法の注意点

夫婦間で妊活に温度差がある場合、タイミング法に取り組むのは慎重になる必要があります。なぜなら、セックスに義務感を感じた男性がED(勃起不全)になってしまうことがあるからです。

タイミング法の注意点

理論的には毎日セックスした方が妊娠確率は高まりますが、隔日でもそこまで大きな差はありません。「なんで協力してくれないの」という怒り・不満をグッとこらえて、雰囲気作りや心のケアをしながらプレッシャーを与えずに一緒に取り組む姿勢が重要です。(そう、男性は面倒な生き物なのです。)

タイミング法は女性のホルモンバランスが大事

タイミング法は、基礎体温から排卵日を「予測」することが大事なので、月経の周期が乱れていると正しく予測ができません。
右の画像のように排卵直後から体温が高くなる「高温期」と体温が下がって月経が始まる「低温期」でわかりやすく違いが出ていないなら、月経不順になっている可能性も考えられます。

月経不順になる原因の多くは、「ホルモンバランスの乱れ」にあるようです。
ホルモンバランスが乱れる原因は多岐にわたるため、ひとつに特定することはできません。ただ、以下のリストに当てはまる数が多い場合、ホルモンバランスが乱れている可能性が高いと言えるでしょう。

ホルモンバランスの乱れチェックリスト
  • 仕事や人間関係にストレスを抱えている
  • 肉体的な疲労・ストレスが多い
  • 将来に対して無性に不安に感じることが多い
  • 無理してダイエットしたことがある
  • 平熱が低い(35度台)
  • 睡眠時間が短い。または夜中に何度も起きてしまう
  • 貧血・めまいを起こすことが多い
  • 昔は平気だった夫の細かい点にいらつくことが増えた
  • 肌荒れ・髪のパサつきが増えた
  • 前回の月経から39日以上空いている
  • 妊娠してないのに月経が60日以上来ない

ホルモンバランスを整える方法

タイミング法の成功率を高めるには、ホルモンバランスを整えることが重要です。ホルモンバランスが乱れている人は、特にストレスを感じている人が多いので対策を考えるようにしましょう。

もちろんストレスは自分ではどうしようもない事が多いので原因を取り除くことは難しいかもしれません。そんなときのために、ストレスを発散する方法をいくつか見つけておきましょう。
カラオケで大声で歌ったり、友達と飲みに行ったり、アロマを焚いたお風呂でゆっくり読書したり、心を落ち着かせるジャズやクラシックを流したり、人によって方法は様々です。

タイミング法は女性のホルモンバランスが大事

また、ホルモンバランスを整える食べ物を摂ることも有効な手段の一つです。なにか一つを摂ればいい、というわけではなく、過不足なくまんべんなく摂ることが大事です。

ただ、忙しい毎日で栄養バランスまで意識できないという場合は、サプリを活用しましょう。妊活に特化したサプリなら、妊活女性に不足しがちな栄養をバランス良く補うことができ、ホルモンバランスを整えるサポートをしてくれます。

以下ではおすすめの妊活サプリを厳選して紹介しているので、是非チェックしてみてくださいね。

\ホルモンバランスを整えてタイミング法をサポート/