葉酸で妊活効率アップ!だなんて思っていませんか?

葉酸で妊活効率アップ!だなんて思っていませんか?!

「妊娠しやすくなるために葉酸を飲んでいます。」に違和感を感じないなら、間違った知識を持っているかもしれません。なぜなら葉酸はまだ見ぬ赤ちゃんのために摂るべき栄養だからです。ここでは葉酸の働きと、なぜ妊活中に摂るべきかを説明します。

葉酸の働き

葉酸はビタミンB群のひとつで、その名の通り植物の葉(ほうれん草、モロヘイヤなど)に多く含まれる栄養素です。この葉酸を妊活中に摂るべき理由は、赤ちゃんの病気を予防するためで、WHO(世界保健機関)も摂取を推奨している栄養素なんです。

葉酸の働き

具体的に葉酸を十分に摂れていれば、無脳症(大脳がないまま成長してしまう病気。流産の可能性が高い)や二分脊椎症(歩行障害・排泄障害になる可能性が高い)などの、神経管閉鎖障害予防できる、ということが広く知られています。

ただし、葉酸は妊娠に気づいてから摂り始めるのでは遅いんです。妊娠に気づくのはだいたい生理が遅れた6週目ぐらいですが、そのころまでには胎児の神経管が完成しています。つまり、葉酸が不足したまま神経管が形成され、障害を発症する可能性が高まってしまいます。

以上のことから、妊活を始めたときから葉酸を摂ることが重要だということがわかります。

国が推奨!葉酸は食べ物よりサプリで摂るべき

妊活中はなにかと神経質になりやすく、栄養摂取も「サプリではなく食べ物から栄養を摂らなきゃ」と思い込みがち。もちろんサプリに頼り切った栄養摂取はよくありませんが、葉酸に限ってはサプリから摂るべき、と厚生労働省も発表しています

食べ物の中の葉酸は調理で失われやすく、しかも吸収効率も50%以下だと言われています。その点サプリの葉酸は、葉酸をダイレクトに摂取でき、さらに吸収効率が85%程度と高効率で摂ることができます。

妊活サプリなら吸収効率の高い葉酸を摂れるうえに、妊娠しやすい体作りをサポートしてくれる栄養も一緒に摂れます。ぜひ妊活サプリを毎日の習慣に取り入れてくださいね。

葉酸に妊活をサポートする働きはないの?

葉酸の主な働きは、上記の通り「赤ちゃんの病気の予防」です。そのため、「妊娠しやすくなる」と思って飲んでいる方は、ちょっとズレているんです。意外に多いんですよね。

葉酸に妊活をサポートする働きはないの?

もちろん、葉酸に妊活をサポートする働きがないわけではありません。たとえば、ホルモンバランスを整えて月経周期を安定させるサポートをしてくれます。また子宮内膜を厚くして、受精卵が着床しやすくする働きも期待できます。

ただし、あくまで葉酸に期待できる働きは赤ちゃんの病気予防です。妊娠しやすくする体づくりのためには、葉酸の他にも妊活サポート成分を摂るようにしましょう。

\葉酸とマカが一度に摂れるサプリも!/